【GOSICK GREEN】カバー公開!!【お待たせしました】

みなさんこんにちは。担当編集です。

 

たくさん(本当にたくさん!ありがとうございます!)の方に投票いただいた、

「シリーズ最新作は『GOSICK何色?』キャンペーン」にて、

発表させていただきました 〈グレイウルフ探偵社編〉最新作、

『GOSICK GREEN』ですが……

 

 

 

gosick green cover

 

装丁大公開です!!

今回もキュートでダークでワクワクなデザインになったと自負しております。

ご覧のとおり、お金やダイナマイトなどなどがストーリーのキーワードとなる、かも……?

カバー裏面などにも物語に関わるアイテムが散りばめてあるのですが、そちらは発売(12月2日)後、書店様でご確認くださいませ……!

 

生粋のGOSICKファンの皆様も、

読んだことないよ~という方も、

<聖マルグリット学園>は読んでたんだけど……という方も(〈グレイウルフ探偵社編〉第1巻『GOSICK RED』、文庫版も出てますよー!)、

ぜひぜひお手に取ってみてください。もうめっちゃ寒いですが、秋の夜長にイチオシ!!の一冊です。

 

これから発売まで一か月ほど、続報をお届けしてまいりますので、

お付き合いいただけましたら幸いです。

どうぞお楽しみに!

コメントする

「ニューヨークをお散歩」第五回

今日はマンハッタン島の南にある「ウォール街」をご紹介します。
株式取引の街! マネーの街!
有名なニューヨーク証券取引所があります。
日本でいうと、東京の日本橋にある兜町かな?

〈ウォール街狂想曲〉という事件の舞台として、『GOSICK RED』に登場しました。

ビルが大きくて高くて、道が比較的狭い街です。なので…。
接写になっちゃって、写真が撮りにくいよ〜!
初代大統領ジョージ・ワシントンの銅像が堂々と立っています。彼は一ドル札の顔にもなっています。日本でいう…福沢諭吉…? ちょっとちがうかな。

imageimage

マンハッタン島は、初めのころは南のこのへんに市街地があり、だんだん北に発展しました。だから、上のほうのグリニッジビレッジ(瑠璃たちのいるお屋敷街!)はもともと郊外だったらしいです。

ウォール街のウォール(wall)は「壁」という意味。入植したころ、戦いのためにここに壁を築いたからだそう。

ウォール街からすこしだけ東に寄ったイースト川沿いに「ニュースペーパーロウ」があります。

というわけで、また次回!

コメントする

「ニューヨークをお散歩」第四回

…とつぜんの再開(・_・;

わ、忘れていたわけではありません…(汗)
今回はリトルイタリーのすぐ隣にある「チャイナタウン」!

と言いつつ、じつは取材旅行の写真が中華料理の接写しかなくて…。うー。おいしかったです…。しし、しまった…。

image

わたしはチャイナタウンを舞台にした映画を通して、チャイニーズマフィアの暗躍にどきどきしました。『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』『リベンジ・オブ・ザ・グリーンドラゴン』『チャイナタウン』(これはニューヨークじゃないけど…)などなど。日本の街に例えると横浜の中華街…!?

さて、リトルイタリー&チャイナタウンを通り過ぎて、マンハッタン島を南下。すると南端近くに「ウォール街」があります。株とマネーの街!! 次回はこちらをご紹介します。(しゃ、写真、写真…)

コメントする

公式サイト大リニューアル!

『GOSICK』公式サイト、大リニューアルしました!
キャラクター表、用語集など、新しいコンテンツが盛りだくさんです。ぜひご覧ください(o^^o)♪♪

コメントする

RED文庫発売&キャンペーン結果発表

こんにちは、著者です。

image

『GOSICK RED』文庫発売しました(o^^o)
単行本との違いは…?
文庫オリジナルのニューヨークマップ! それと、あとがきもついています。みなさまよろしくお願いいたします。

image

そして…
新作の色当て企画『GOSICK何色? キャンペーン』に、ほんとうにたくさんたくさんのご応募、ありがとうございました!
結果発表と、新作のあらすじがこちらから読めますので、こちらもよろしゅう〜。
http://booklog.jp/special/gosick

コメントする
ページの先頭へ