原稿上がる〜

今年のゴシック、原稿上がりました♪

週明けには担当氏のもとへ〜。

image

で、おやつを(*^^*)

コメントする

資料は楽し♬

20~30年代のアメリカ、ヨーロッパの写真やイラストの資料を集めてますが、こういうのって眺めてるだけで楽しいものです。

たとえば、螺旋階段の上から下を見たところ…。って、「うわっ、クラッとする〜!」

image

蔦に覆われたおうち。荘厳な空気だな…!

image

竹馬って、西洋にもあったんだ! いや、西洋発祥…!?

image

ドレスの広告! 新世界のドレスも可愛いなぁぁぁ!!

image

歩く本屋さんだ!「ま、待って! 買いますっ…!!」

image

と考えてるだけで、楽し…あー…(けど、執筆にもどらねば…っ)

コメントする

謎のドアノブ!

取材旅行中、ブルックリンのクランベリーストリートでみつけた可愛いドアノブ!
ヴィクトリカたちの暮らすクランベリーストリート14番地の移民アパートメント。玄関扉についている「寝そべった犬のドアノブ」(『GOSICK RED』単行本20ページ)のモデルです。
って、あれ…

image

これ、犬?
…犬?

犬と思ってたけど…(いま、ちがうのかもと気づく)

いや、犬かなぁ〜。
ライオン、猫、鳥とくらべるとめずらしいモチーフなので、印象に残ったのでした。

コメントする

ヴィクトリカのおおきなトランク

著者の桜庭です。

東京の紀尾井町で開催されている「ルイ・ヴィトンのトランクの歴史展」に行ってきました。
19世紀半ばからの百年間、人と共に旅をしたトランクたちのトランスフォーム史!
ふーむ! 旧シリーズでヴィクトリカがいっぱい積み上げたトランクは…新シリーズで一弥が抱えているトランクは…どれかな〜、とわくわくしました。

帰りに写真右のどでかい本を買いました。いや、これは趣味の散財じゃなく、資料だから!! (というのは、自分へのいいわけ…)

image

じつは12年前にも、確か六本木の森ビルで、ルイ・ヴィトンのトランク展がありました。写真左に写っているちいさいのはそのとき買ったほうの本です。
ゴシックを書くとき、何度も何度もめくったものだなぁ〜。

で、こちらは展示してあった1909年の新聞「センチメンタル・コーリング」(って、なんという名前の新聞だ!)。

image
「リール駅で宛先不明のトランクから手足を縛られた女性の死体が発見された!」という猟奇的事件を伝える記事ですが…。それにしても…すごい挿絵…! 警官たちの顔…!?
あ! 一弥の勤める〈デイリーロード〉の紙面もこんななのかも〜、とか想像しました。

さて、執筆にもどります。
つぎの巻にもトランクはちょっぴり出てきます!

コメントする

執筆中…

ブルックリン橋柄のマグカップをみつけて、ゴシック執筆用にと購入しました(o^^o)

なかなか可愛い。

(というほんと普通の雑談をつい投稿してしまった著者でした。新刊はまた今冬発売です!)

image

コメントする
ページの先頭へ