「ニューヨークをお散歩」第八回

ブルックリン橋を渡ると、いよいよ…
ヴィクトリカと一弥が暮らし始めたブルックリン!
橋を渡ってすぐのゆるやかな坂道を少しだけ登ると、クランベリーストリートです。
旧世界風の古くてちいさなアパートメント。街路樹。待ち行く人の足音。
ユダヤ系のお袋の味、チキンスープのいい匂いが立ち込める…
image
image

このちいさなささやかな街に、ヴィクトリカと一弥はいます。
image

コメントする

「ニューヨークをお散歩」第七回

ここまでご紹介してきた大都会のマンハッタン島と、ヴィクトリカたちの住む静かな住宅街のブルックリンを繋ぐのが、この「ブルックリン橋」!
大きくて歴史のある橋です。
『GOSICK RED』では、慣れた調子で自転車を操って、「ヴィクトリカ、行くよ〜!」とスイスイ渡っている一弥です…
しかし『GOSICK PINK』では、一転して、橋が冒険の舞台に!

わぁ、大きな橋!

image

そして、ブルックリンから渡って、真ん中をすぎて、マンハッタン島を見たところがこちら。
向こうは大都会、摩天楼だっ!

image

いっぽう、マンハッタン島からブルックリンに渡るときはこう見えます。緑茂る落ち着いたユダヤ人街へと…。ゴーホーム・トゥギャザー…♬

image

橋のたもとの、いつものアイスクリーム屋さん!
…は、ほんとにあります。
見た目も可愛いアイスクリ〜ム!
日本のアイスよりずっと濃厚で、ひとつでお腹いっぱいになります。image

そして橋を渡ると、とうとう…。

というわけで、つぎはブルックリンの「クランベリーストリート」をご紹介します!

image

コメントする

「ニューヨークをお散歩」第六回

今日は「ニュースペーパーロウ」!
当時、ニューヨークの新聞社や雑誌社がいっぱい集まっていた街です。日本でいうと…そうだな、神保町かなぁ…?
一弥の勤める〈デイリーロード〉も、もちろん! ここにあります。

取材旅行では、ニューヨーク市立図書館で、昔のニュースペーパーロウの記録絵を発見! おぉ、こうだったのか〜。

image

マンハッタン島の東南にあり、ブルックリン橋ともけっこう近いです。一弥はブルックリンから、毎日橋を渡って、自転車で通勤中!

ではでは。つぎは「ブルックリン橋」でお会いしましょう〜。

コメントする

「ダ・ヴィンチ」インタビュー

「ダ・ヴィンチ」一月号に『GOSICK GREEN』インタビューが掲載されています。と、いまごろすみません〜。以前のインタビューはこちらから読めます。

『GOSICK RED』
http://ddnavi.com/interview/176845/a/
『GOSICK BLUE』
http://ddnavi.com/interview/216565/a/
『GOSICK PINK』
http://ddnavi.com/interview/272581/a/

コメントする

「そうさ、バナナなんて持ってないさ♪」

『GOSICK GREEN』に登場する流行歌「Yes,We have no bananas」は、ほんとうにあります。
確か『麗しのサブリナ』という映画の中で、ヒロイン役のオードリー・ヘプバーンが口ずさんでいたような。
YouTubeでも幾つかのバージョンが聴けます。たとえば…

https://m.youtube.com/watch?v=ZZgx6R5rahY

のどかで楽しい歌で、これなんとなく好きです。

コメントする
ページの先頭へ